ブログ

交通事故!もらい事故!

投稿日:

首都高速の渋滞アプリを見ていると、毎日どこかで必ず事故があります。

僕もよく通る道だったりすると、なんとなく事故の状況が想像できます。

ほとんどの場合、他の道路から合流する所か、二車線が一車線になる所ですね。

つまり、車線変更してくる車に気づかずにぶつかるか、ブロックする事で事故が起きるんです。

気づいていない場合は注意不足、わざとブロックする場合は故意の行動になるわけです。

車一台、だいたい4〜5メートル。

たったそれくらいの距離遠くなるのが嫌なのか、前に入られる事が嫌なのかわかりませんが、本当に些細な事で事故は起きます。

その後大変ですよ、事故処理は時間がかかるし、車をなおすのにお金もかかるし。

そして渋滞を起こす事で、たくさんの人に迷惑をかけるわけです。

想像力の欠如ですね。

一般車両でも残念なのに、商業車で事故を起こしている人を見ると、プロとしての自覚の無さにガッカリしてしまいます。

商売道具の車で事故。

悲しくなってしまいますね。

車だけではない!

『もらい事故』という言葉があります。

大抵の場合は、第三者が起こした事故に巻き込まれるような交通事故の事を言いますが、最近では違う意味で使う事もよくありますね。

例えば、芸人さんがネタをやっていて、あまりウケなかった場合に第三者の後輩に『お前のせいだ!』とツッコミを入れたりします。

『えっ?オレっすか!?』みたいな。

もらい事故ですね(^^)

昔、隣の席で盛り上がっている人のワインが、なぜか僕に全部かかった事がありました。

完璧なもらい事故です。

たまたま白ワインだったので大したことはありませんでしたし、今では良い想い出です。

人生は何が起こるのか分かりません。

良い事も悪い事も突然やって来ます。

もらい事故に備えるのは難しいですが、自らが事故を起こさないように気をつける事は出来ます。

自分が『原因』にならないようにする事が大切ですよね。

僕に白ワインをかけた人とロケ中(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

振付で大切な事!

みなさん『振付師』ってどんなイメージですか? 僕がダンスを習い始めたころ、振付師=ダンスの先生でした。 でも、いま僕はの中ではダンスの先生と振付師は大きく違っています。 何が違うのか? それは『ゴール …

初PCR検査!

仕事の為、PCR検査を受けてきました。 結果は、『陰性』でした。 わかってはいましたが、わりとドキドキするものですね。 以前献血をした時に、同時にHIVの検査をしたんですが、その時と同じ気分でした。 …

あの方にお会いしました!

僕はテレビっ子でした。 よく観ていたのはアニメですね。その中でも大好きだったのが、『銀河鉄道999』でした。 今から43年前の1978年にアニメがスタート。 毎週欠かさず観ていました。 『機械の身体を …

いつも心に太陽を!

先の見えないニュースが続きますね。 みんな一生懸命戦っていると思います。 それでもコロナは容赦なく僕たちの生活を奪っていっています。 こういう時に、『平凡な毎日』がいかに幸せだったのかと、元に戻る事が …

大丈夫は大丈夫じゃない!

『大丈夫』という言葉には、たくさんの意味が含まれています。 『お店入れそう?』『大丈夫です』は肯定的な使い方で、『お水飲む?』『あっ、大丈夫です』は否定的な使い方。 『頑丈なテーブルなので、パソコンを …