ブログ

交通事故!もらい事故!

投稿日:

首都高速の渋滞アプリを見ていると、毎日どこかで必ず事故があります。

僕もよく通る道だったりすると、なんとなく事故の状況が想像できます。

ほとんどの場合、他の道路から合流する所か、二車線が一車線になる所ですね。

つまり、車線変更してくる車に気づかずにぶつかるか、ブロックする事で事故が起きるんです。

気づいていない場合は注意不足、わざとブロックする場合は故意の行動になるわけです。

車一台、だいたい4〜5メートル。

たったそれくらいの距離遠くなるのが嫌なのか、前に入られる事が嫌なのかわかりませんが、本当に些細な事で事故は起きます。

その後大変ですよ、事故処理は時間がかかるし、車をなおすのにお金もかかるし。

そして渋滞を起こす事で、たくさんの人に迷惑をかけるわけです。

想像力の欠如ですね。

一般車両でも残念なのに、商業車で事故を起こしている人を見ると、プロとしての自覚の無さにガッカリしてしまいます。

商売道具の車で事故。

悲しくなってしまいますね。

車だけではない!

『もらい事故』という言葉があります。

大抵の場合は、第三者が起こした事故に巻き込まれるような交通事故の事を言いますが、最近では違う意味で使う事もよくありますね。

例えば、芸人さんがネタをやっていて、あまりウケなかった場合に第三者の後輩に『お前のせいだ!』とツッコミを入れたりします。

『えっ?オレっすか!?』みたいな。

もらい事故ですね(^^)

昔、隣の席で盛り上がっている人のワインが、なぜか僕に全部かかった事がありました。

完璧なもらい事故です。

たまたま白ワインだったので大したことはありませんでしたし、今では良い想い出です。

人生は何が起こるのか分かりません。

良い事も悪い事も突然やって来ます。

もらい事故に備えるのは難しいですが、自らが事故を起こさないように気をつける事は出来ます。

自分が『原因』にならないようにする事が大切ですよね。

僕に白ワインをかけた人とロケ中(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

闘わない生き方!

僕は子供の時から、自分を争いから避ける位置に置いていました。 わかりやすく言うと、強い意見を持っている人の近くで傍観する、という位置。 常に俯瞰(ふかん)で物事を見るような子供でした。 よく言えば「要 …

時間の使い方

時間の使い方って、難しいですよね。 学生時代は時間割があったので、それに従っていればいいわけなんですが、大人になるとそれが無くなってしまいます。 自分で考えないといけません。 例えば、12時に渋谷のハ …

一生忘れない何気ない一言!

ダイエットをした時、アフロをやめました。 僕的にはすごく勇気がいる事で、アフロをやめたらイメージが変わって、仕事が無くなるのではないか? 本当に心配していました。 僕にとっては、そのくらい大きな出来事 …

振付師というお仕事!

僕が振付師になったのは、20才の時でした。 今までたくさんの曲に振りをつけてきました。 そんな僕が初めて振付したのが、松田聖子さんの『上海倶楽部』という曲。 もちろん、松田聖子さん本人に振付けしたので …

二日酔い!

僕はお酒の飲み方が『早い』方で、すぐに眠くなってしまうタチなんです。 飲み会でも、最初に帰るのが僕ですね^^; 『短距離走』ですよ。 よく、『朝までコース』の人がいますが、僕はできないんですよね。 『 …