ブログ

テレワークへの憧れ!

投稿日:2020年8月18日 更新日:

昔、データカラオケの仕事をしていました。

パソコンを使ってカラオケを作るわけです。

原曲に似せて作るんですが、結構難しいんですよ。

DTM(デスクトップミュージック)では、苦手な音色があります。

それは、ギター。

他にもまだまだありますが、一番大変なのがギターの打ち込み。

【打ち込み】パソコンに音楽を入力する事で、キーボードを使ったり、マウスで入力したりします。

カラオケでギターの役割は多く、その楽曲のイメージを大きく左右します。

ギターが似ていないと『ショボい』カラオケになってしまうんです。

イントロのイメージを作っている楽器がどれだけ似ているか?

それがかなり大事なんです。

僕はラッキーな事に、ギターではなくブラス(管楽器)を打ち込む事が多く、小学生時代にトランペットを吹いていた事がかなり役に立ちましたね。

チェックマン!

僕はその後、楽曲をチェックする『チェックマン』になりました。

全国から送られて来る『データ』をパソコンに読み込み、実際の曲と似ているかどうかをチェックします。

中でも一番大切なのが、『信号』が入っているかどうか?

少しマニアックな話になりますが、カラオケに曲を入れると、パソコンにデータが読み込まれ、基盤にに付いているシンセサイザーを鳴らします。

その際に、前の曲のデータがシンセサイザーに残っているといけないので、かならず『リセット』します。

その信号が、曲データの一番初めに入っていないといけないんです。

なので、『リセット』→『楽器の割り振り』→『テンポ』などのデータを2小節間に入力します。

なので、実際に曲が始まるのは3小節目から。

ちなみに、アウフタクト(第一拍目以外から始まる)の曲は更にもう1小節遅くなり、4小説目から曲が始まります。

曲が入ってからしばらくは待つのは、そのデータをシンセが読み込んでいる時間なんです。

そういう、決まったデータがちゃんと入っているかどうか。

その楽曲が元の曲に似ているか。

それらをチェックします。

全国の職人たち!

データカラオケの納品は、楽曲データと仕様書の二つ。

データはパソコン通信で、使用者はFAXで送られてきます。

当時はインターネットがまだ使えない時代。

一曲ダウンロードするのに、かなり時間がかかりましたね。

だいたい30分くらい。

今だと、5秒くらいじゃないですかね。

データカラオケの職人は全国にいて、演歌はこの人、ポップスはこの人、というようにそれぞれの『匠』がいたんですよ。

元の曲に似ているのはもちろんですが、カラオケデータは、その後何度か変換されて実際のカラオケ機に入ります。

その先々の変換で誤作用しないように、ちゃんと考えられている必要もあるわけです。

『匠』はその事もわかっているので、実際に鳴らした時に『音楽』として素晴らしいんですね。

その人のデータが来ると、みんな仕事を忘れて聴きいったものです。

離れたところから存在感を出していたわけで、究極のテレワークであり、リモートですよね。

今でも憧れますよ、そういう仕事に。

振付もやろうと思えばできますからね、リモート。

ビデオを送って覚えてもらう。

今まで何度も経験したし、先日もやりました。

ただ、実際に会ってレクチャーしないと完璧とは言えませんね。

レクチャーがリモートなら、僕はどこにいても大丈夫です。

ホログラフィーが当たり前になれば、それも実現できるんですけどね。

僕沖縄、アシスタント韓国、マネージャー東京、ダンサーアメリカ。

こんな事が可能になる時代、いつか来るんじゃないかな〜

『ドラえもん』のテーマ曲唄ってます!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大丈夫は大丈夫じゃない!

『大丈夫』という言葉には、たくさんの意味が含まれています。 『お店入れそう?』『大丈夫です』は肯定的な使い方で、『お水飲む?』『あっ、大丈夫です』は否定的な使い方。 『頑丈なテーブルなので、パソコンを …

僕の人生を変えた言葉!

僕は小学生の頃から、歌手になる事が夢でした。 リズム感を養う為にダンスを始め、そのダンスが面白くなり、いつの間にかダンサーになっていました。 20才の頃、縁あってソニーに入ることになりました。 歌手を …

むくみも取れますよ!

若い頃は多少の無理をしても全然平気でした。 本番中に足をくじいてもそのまま躍り続け、しべらくたってたら『あれっ!?』と足の違和感を感じる、なんて事もよくありました。 そのせいなのか、40代後半くらいか …

何が食べたいのかわからない!

最近よくあるんですが、お腹はすいているのに『何が食べたいのか?』が、わかりません。 お昼ご飯は大体いつも同じメニューなんです。 焼き魚、ソーセージと卵の炒め物、お漬物、ご飯。 これに、明太子と野沢菜が …

お金持ちに学ぶ財布術!

お金持ちの人って、ポケットに小銭を『ジャラジャラ』入れている人、あんまりいないですよね。 財布が『領収書でパンパン』という人も、あまり見かけません。 逆に言えば、財布をスマートに使う事ができれば、お金 …