ブログ

心の鍛錬/ストレスレス!

投稿日:

『心が折れる』という言葉があります。

みなさんは、心が折れた事ありますか?

僕はありません。

なぜかというと、心が折れるまでガマンしないからです。

心が折れるずっと前の、ちょっと『イヤだな』と思った時点で逃げの体勢にはいります。

で、どっちに行くのか観察。

『負』の方向に行き始めた時点で、完璧に退散します。

全てがそれでうまくいくとは思いませんが、僕は今のところそれでなんとかなっています。

なので、ストレスを感じる事はあまりありません。

唯一あるとすると、テレビなどで見る『キレる人の映像』くらいですね。

煽り運転だったり、マスク警察だったり、人が怒って怒鳴っている映像を見るたびにイヤな気分になり、ストレスが溜まっていきます。

『負のオーラ』満載ですよね。

ちょっとした事で怒るのは、なぜなのでしょうか?

誰かにやられた仕返しなのか?

それとも、そういう育ち方をしたのか?

テレビを見ている子供たちには、そういう人たちを反面教師としてもらいたいものです。

ポジティブシンキング

人に何かイヤな事を言われ、それを我慢する事を『損をした』と思っている人がいます。

なので、『言われたら言い返す』事になります。

実は、その『イヤな事』とは、自分が気にしている事、つまり弱い所を指摘されている訳です。

だから腹が立つ訳なんですが、もしイヤな所を言っわれて、『ああ、この人はそこを直せ!といってくれているんだ』という風に感じられたら、腹も立たないと思います。

まあ、そんなポジティブな人はそうそういないとは思いますが。

もちろん、僕も違います。

イヤな事を言われたら、『は?何言ってるんだコイツ!』と思うでしょう。

でもたまにいるんです、本当にポジティブな人が。

野球の野村克也さんは、キャッチャー時代、『打者に囁いてその打者の調子を狂わす』という話を聞いた事があります。

例えば、『おい、フォーム崩れてるよ』と言うと、打者はその言葉を気にして、本当に打てなくなるらしいんです。

ある時野村さんは、長嶋茂雄さんに『長さん、フォーム崩れてるよ』と言うと、長島さんは『本当?タイム!』と言って素振りを始めたそうです。

そして、『ありがとう』と言って、その後ホームランを打ったという話。

長島さんらしいですよね!

自分に向けられた負のオーラを跳ね返すポジティブな心。

もし持てたら、楽しい人生になりますよね!

慌てな〜い慌てな〜い、一休み一休み。。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供から大人に!

日本では20才になると、『大人』として扱われるようになります。 お酒が飲めたりタバコが吸えたり。 親の承諾なしに結婚できるのも20才になってから。 ギャンブルもできますよ。 ローンが組めるのも20才に …

夢占い!

みなさんは、夢を見ますか? 僕はよく見ます。 それもかなり鮮明に。 内容もちゃんと覚えています。 ちなみに、カラーです。 僕は夢占いに詳しいわけでないので、詳しい人に色々と聞きたいですね。 僕が見てい …

夢のお話!

子供の頃西城秀樹さんに憧れていた僕は、歌手になる事が夢でした。 歌手というより、西城秀樹さんになりたかったんだと思います。 濡れたカーリーヘアーに破れたシャツ。 はだけた胸にはカミソリのネックレス。 …

闘わない生き方!

僕は子供の時から、自分を争いから避ける位置に置いていました。 わかりやすく言うと、強い意見を持っている人の近くで傍観する、という位置。 常に俯瞰(ふかん)で物事を見るような子供でした。 よく言えば「要 …

断捨離!

先日の『片付け』と少し似ていますが、断捨離には『強い意志』が必要です。 そもそもどうして断捨離しないといけないのか? そこが大事なんです。 これは僕の場合ですが、知らず知らずのうちに物が増え、気が付け …