ブログ

痛みに負けるな!

投稿日:2020年8月4日 更新日:

みなさん、注射ってキライですか?

僕は意外とキライではないんです。

なぜかというと、その注射の後、身体が良くなるじゃないですか。

それを想像すると、『痛み』=『良い事』のように思えるんです。

そういう痛みには耐えられます。

ただ、注射針を刺すところを見ないとダメです。

知らないところで急に打たれると、不安になりませんか?

なので、僕は必ず打つところを見ます。

針が身体に入っていく痛みを感じ、確認する事で安心するわけです。

逆に、胃が痛いとか歯が痛いとか、そういう痛みにはめっぽう弱いです。

僕の知らない所で、一体何が起こっているのか?

想像できないと、ダメなんです。

足の痛み

僕は足がちょくちょく痛くなります。

若い頃、捻挫をしてもそのまま踊っていたり、ちゃんと整理体操をしていなかったりと、身体のケアを全然していませんでした。

その『ツケ』がまわってきたんでしょう。

40才を過ぎたあたりから、よく痛むようになりました。

なので詳しいですよ、整形外科。

色んなところでお世話になりました。

整形外科の場合、痛むところに直接注射を打ちます。

なので、かなりキツイです!

痛いところに、さらに追い討ちをかけて針を刺すわけですから。

先日、踵とアキレス腱の繋ぎ目の所が炎症を起こし、痛くなりました。

そのままでも普段の生活に支障はないのですが、歩くたびに痛くなるので、酷くなる前に炎症止めを打ってもらう事にしました。

痛いところに印を付け、ピンポイントに針をさします。

刺すだけでも痛いのに、そこに薬剤を注入するわけですが、その薬剤がトロッとしているのか、患部をこじ開けるような激痛がはしりました。

一番まずかったのは、うつ伏せになっていたので、針を指す所が見えないというハプニング。

ここ数年で、一番痛い治療になりました。

しかし、想像力はすごいもので、その痛みさえも『ご褒美』に感じるほど、終わったあとはかなりの爽快感でした。

痛い足を引きずりながら『ありがとうございます!』という自分に、『僕はドMなのか?』とツッコミを入れたくなったほどです。

うまく付き合っていく!

痛みは、できれば関わりたくないものです。

ですが、必ず出会う時がやってきます。

真正面から痛みと向き合い、受け入れる事で少しでも痛みが和らげば、うまく付き合っていけるでしょう。

イヤなものと上手く付き合う。

痛みに負けず仲良くなる事で、人生が豊かになれば嬉しいんですけどね。

全然痛くないっス!
映画『ヒートアイランド』より

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あだ名禁止!?

最近『あだ名禁止』の学校が増えてきているらしいですね。 理由は、『イジメに繋がるから』だそうです。 そういう判断は、本当に残念な事です。 僕は、あだ名は文化だと思っています。 あだ名があるから、人と人 …

進化に追いつけません!

iPhone12が出ましたね。 いよいよ5Gの世界が始まります。 僕が初めてパソコンを買ったのは、今からちょうど30年前。 1990年に発売された『Macintosh Classic』でした。 価格は …

信念!

皆さん、信念って持っていますか? 『私は信念を持っています!』と言うと、『この人はしっかりした人』という印象を持つ人も多いのではないでしょうか。 でも僕は、そういう『強いモノ』を持っていないんですね。 …

ユーミンのおかげ!?

おやじダンサーズを作る数年前、僕は松任谷由実さんのコンサートにスタッフとして参加していました。 ダンスコーディネイターという肩書でしたが、わかりやすく言うとダンサーのマネージャーをしていました。 ダン …

願えば叶う!

ずっと観ていたドラマに出演することができました。 それは『孤独のグルメ』 今から数年前、福岡の番組にゲストとして来てくれた松重さん。 その時に『おじさんがただ食べてるだけのドラマなんだけどさ、』と話し …