ブログ

予防接種やりますか!?

投稿日:

いよいよ新型コロナのワクチン接種が始まりますね。

皆さんは打ちますか?

医療従事者の方から接種が始まるという事なので、僕たちはまだ先の事になりそうです。

今までコロナに感染した事が無いので、このままの生活をしていれば、まずかかる事はないと思っているので、打たなくて済むならそれに越したことはありません。

スイスでは、副作用も報告されています。

軽いものから重いものまで、高齢者では死亡例も出ています。

しかし死亡者は『持病があった』為に、ワクチンが原因だという『具体的な証拠は無い』という事です。

これですよ。

具体的な証拠は無い

この一文が、ワクチン接種を躊躇させてしまいます。

具体的な証拠は無いが、亡くなる可能性もゼロではない。

感染対策をちゃんとしていれば、ワクチン接種は必要ないのかもしれないと思ってしまいますよね。

注射はキライではない!

僕はわりと好きなんですよ、注射。

しかし決して、『M男』ではありませんよ^^;

注射が好きな理由、それは注射の後に『何があるか』なんですよ。

例えば、血液検査。

注射器で血を抜くわけですが、そのおかげで身体の悪いところがわかりますよね。

『痛み止め』の注射は、痛みが無くなるんですよ!

凄くないですか!

注射は、本当に辛い時に『早く結果を出す』為に打つ事が多いですよね。

僕はたびたび膝に水が溜まるので、膝の関節に針を刺して水を抜きます。

水を抜いている間、痛いという感覚より、水が抜けていく事で『痛みが引く』という気持ちの方が強いんですね。

極端ではありますが、お風呂に入った時の『あぁ〜』というアノ感覚に近いですね。

『これで楽になる』

そう思うと、僕は『注射』=『プラス』なイメージなんです。

予防接種の後には?

予防接種を打つ事で、『感染しにくい』や『重症化ししにくい』という効果があると思います。

しかし、いずれも100パーセントではないんですよね。

リスクはゼロにはなりません。

血液検査や痛み止めの注射は、リスクがあるとしてもそれは、『打つ人の未熟さ』だと思うんですよ。

血管が探せなかったり、変なところに針を刺したり。

しかし予防接種は、どんなに完璧な場所に注射をしても『薬自体』が原因ですから防ぎようがありません。

『身体との相性』

こればっかりは誰も分かりませんよね。

『打ってみなければ分からない』

心配だな〜

膝は大事にしないといけないですね〜

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

僕は食わねど高楊枝!

昔から日本人の心意気を表した『ことわざ』はたくさんありますが、その中でも僕が好きなのは『武士は食わねど高楊枝』ということわざ。 不器用な優しさを感じませんか? こういう事が、嫌味なくできるような人にな …

音と暮らす!

突然ですが、みなさんは『何フェチ』ですか? そもそも『フェチ』というのは、『異性のパーツ』などに魅力を感じる事で、『脚フェチ』とか『首フェチ』などという言い方をしますよね。 中には『仕草』にフェティシ …

『怒る』と『叱る』の違い

ショッピングモールドなどで、よく叫んでいるお母さんがいます。 『何やってるの!早くしなさい!』 何をそんなに急いでいるのかわかりませんが、ずっと子供の名前を叫んでいました。 そういう子に限って、全然親 …

昔のカメラ!(マニアックな話です)

僕は中学生の頃、写真部でした。 部活動は『写真を撮ること』なんですが、その為には、まずカメラを持っていないと何も始まりません。 当時のカメラは高価な物が多く、親に買ってもらうのが大変だったんですよ。 …

究極の有酸素運動!

以前ダイエットをしていた頃、『マラソンよりジョギングの方がイイ』という話を聞きました。 違いは、『ザンザン』走るのがマラソンで『ダラダラ』走るのがジョギングと解釈してもらってかまいません。 『早歩き』 …