ダンス ブログ

振付で大切な事!

投稿日:

みなさん『振付師』ってどんなイメージですか?

僕がダンスを習い始めたころ、振付師=ダンスの先生でした。

でも、いま僕はの中ではダンスの先生と振付師は大きく違っています。

何が違うのか?

それは『ゴール』だと思います。

ダンスって何年くらい習えばいいんでしょうか?

その先にあるものは?

健康のために踊るのか?

ダンサーになりたくて習うのか?

ダイエットなのか?

それ以外にも目的はあると思います。

振付って、ゴールが決まっているんですよね。

この曲で、こういう感じのダンス!みたいに。

なので、僕がダンスの先生になったなら、一人一人に聞くと思うんですよ。

『あなたはこれからどうしたいんですか?』

で、それぞれ違う教え方をしないといけない。

なので、僕はダンスを教える事が出来ないんです。

振付の考え方

僕が教えることができるのは、振付のやり方。

僕が大切にしてるのは、

①どういうコンセプトなのか?

②見て楽しいものなのか、踊って楽しいものなのか?

③誰が躍るのか?

ザックリとこの3つ。

これさえちゃんと決まっていれば、なんとかなります。

たまに、『老若男女、誰でも踊れて、見て楽しくて、踊って楽しい、簡単でキャッチャーなダンス

というオーダーが来ますが、僕は必ず、『優先順位を決めて下さい!』と言います。

一番大切なのは何か』、これが大事なんです。

例えば、

優先順位1位、テレビを見ている人に踊ってもらいたく、対象年齢は小学生で、しかも低学年

優先順位2位、キャッチーなダンス

ということが決まっていれば、

激しくてカッコイイダンス』ではなく、

小さい子が踊って可愛く見えて、なおかつキャッチーなダンス』になりすよね?

そうやって、的を絞り込む必要があるんです。

一番困るのは

全部お任せ、というもの。

たまにあるんですよ、『なんでもいいです!』というオーダーが。

曲もできていなくて、方向性やコンセプトも決まっていない。

曲作り、レコーディング、振付、全てお任せ。

ただ決まっているのは、のちのちYouTubeとかで、みんなが踊ってくれそうなダンス。

それって振付じゃなくて、プロデュースなんですよね。

こういう場合は、少し時間がかかりますが、企画書を作る事から始めます。

コンセプトを考え、曲をプロデュースする人を決め、歌詞が必要なのか必要でないのか。

必要なら作詞をし、誰が歌うのか?

ようやくレコーディング、その後振付になります。

僕は全体のプロデュースと振付の両方をするわけです。

振付師は、演出の一部を担当することもあります。

ミュージカルなどは、振付師の役割が多くなりますね。

僕が以前担当したミュージカル映画では、シーンごとに撮る方向が変わり、そのたびに振付が変わっていきました。

その場で踊るのか、前に進みながら踊るのか、横に移動しながら踊るのか、途中から喧嘩のシーンに変わったり、その時々の内容によって振付が変わっていきます。

なので、そういう場合はその場で考えて振付することになります。

写る人に、撮る方向に向いてもらい、『ワン、ツー、』と振付するんです。

それを、監督はじめ各スタッフさんが見て、どういうカットにするのかを決めるんです。

緊張しますよ(^^)

でも僕は、そういう現場が大好きなんです!

必要なところだけをじっくり練習して撮影する。

質の高いモノができるはずですよね!

どうですか、振付師。

やってみませんか?(^^)

楽しいですよ。

僕はもう、やめられないですね!

海で振付中

-ダンス, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味がない!

昔から、のちのち仕事になりそうなことにしか興味がありません。 ダンスは歌手になるために必要なリズム感を養うために必要だったし、パソコンは将来武器になると思って始め、ピアノやギターも音楽を楽しむためでは …

やり残した事はありますか?

今日で2020年も終わります。 いや〜大変な年でしたね! 未知のウイルスに世界が翻弄されたわけですが、別の言い方をすれば、こんな経験はもう出来ないかもしれません。 もちろん、もう経験したくはありません …

ご報告です!

このブログについてのご報告です! 2020年4月23日にスタートしたこの『パパさんブログ』ですが、明日23日にちょうど一周年を迎えます。 このブログでは、自分の想いや考えている事を、自分なりに自分の言 …

コンプライアンスは回転寿司!?

数年前からよく聞く『コンプライアンス』 Wikipediaだと『法令遵守』または『倫理法令遵守』と書いてありますが、TV業界ではどうなんですかね? まず最初に思い浮かんだのが、ある商品をお勧めしている …

クルマはまだ空を飛ばない!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』が作られたのは、1989年。 映画では30年後の未来として、2015年の事を描いていました。 当時映画を見ていて、『30年後は車が空を飛ぶ』とは思って …