ブログ

配信ビジネス!

投稿日:

コロナ禍で急速に発達したのが『無観客配信』ではないでしょうか。

僕たちも経験がありますが、お客さんがいないという事は、客席も『ステージとして使える』という事になります。

なおかつ、舞台袖の『見切れ』いわゆる、観客から『見えてはいけない舞台袖』を気にする必要が無いので、演者も安心して演じる事ができます。

例えば、小さめの劇場でも、客席が使えるので、小屋全体を舞台として使えます。

そして、一番凄いのは、『観客数に制限が無い』という事です。

配信のシステム的に上限が決まっているのかはわかりませんが、普段100人で満席になるような劇場でも、多くの人に観てもらえる可能性があるんです。

もし、ネットの不具合でその時は観られなくても、『アーカイブ』に残しておけば、あとでゆっくり観劇することができます。

尚且つ、出演者の『アップ』が撮れるので、今まで見る事ができなかった細かな表情も見る事ができますね。

ミュージカル映画のような臨場感を味わう事ができるかもしれませんね。

ズームでドラマ!

僕も出演した事がありますが、事前にしっかりと打ち合わせをしておけば、演者は自宅に居ながらドラマに出演する事ができます。

例えば、ドリフでやっていた『アパートのコント』を想像してみてください。

5人それぞれの部屋があって、全体の雰囲気は『マルチアングル』を使います。

そうすれば、別々の場所に居ながら、一つのアパートに居るようなシチュエーションが作れます。

一人は東京、もう一人は北海道。

もちろん、海外からも出演する事が出来るでしょう。

綿密な打ち合わせとリハーサルをやれば、不可能な事ではないと思っています。

凄くないですか!

これは、コロナが無ければ誰も考えなかった事です。

『人生プラスマイナスゼロ』

悪い事ばかりではなさそうです。

リモートコレオグラファー!

去年、振付用のスタジオを借りました。

振付は大体そこでやっています。

こじんまりしていますが、今の僕にはこれが限界。

少人数なら踊れるので、『良し!』としています(^^)

ダンスは目の前に先生がいないと成り立ちません。

もし、ネットの環境をもっと活用して、バーチャルでいろんなところに行けたら。

小さいスタジオでも、たくさんの人にダンスが教えられたら。

凄くないですか!

もし、縦型のプロジェクターのようなものがあって、壁にインストラクターを映し出すことができたら。

もし、等身大のタブレットがあって、そこにインストラクターが登場したら。

そのタブレットで相互通信しながらやりとりができたら。

何かが劇的に変わるような気がしています。

部屋は狭いけど、数万人に振付をする事も不可能ではなくなるんです。

その様子を収録しておけば、いつでも練習できるんです。

まずはスマートフォンでやってみますか?(^^)

すこし小さいですが、なんとかならない、、かな?

無観客ライブ配信中

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クルマはまだ空を飛ばない!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』が作られたのは、1989年。 映画では30年後の未来として、2015年の事を描いていました。 当時映画を見ていて、『30年後は車が空を飛ぶ』とは思って …

ダイエット再開!

昨日からダイエットを始めました。 以前ダイエットをした時は、大河ドラマに出演する為でした。 当時の体重は110キロ。 戦国時代に太った人はいないので、せめて『ガッチリさん』になろうと、三ヶ月後のフィル …

早起きが苦手な人へ!

僕の周りには『よく眠る』人が多く、とても羨ましく思います。 僕は年齢的にそんなにたくさん寝なくても大丈夫なんですが、やはり『熟睡』には憧れますよね。 まれに、10時間くらい眠れる時があるんですが、翌日 …

雨乞いの踊り論!

日照りが続き、作物が育たない事で餓死してしまう。 『雨よ降れ!』と願いを込めて踊る雨乞いの踊り。 いささか迷信めいていますが、もし、ぼくが踊ったら100パーセントの確率で雨が降るとしたらどうですか? …

頭に来たら自分を疑え!​

『自分が嫌な事は、相手も嫌』と同じで、『自分が怒っていると、相手も怒っている』という事はよくあります。 そして、その『怒っている原因』は、もしかしたら自分に原因があるのでは?と考えたことはありますか? …