ブログ

人は慣れる生き物!

投稿日:

以前テレビ番組でベトナムに行きました。

首都ハノイから車で二時間、そこから船で一時間。

着いた場所は、『ナムディン』という所。

お世辞にも清潔な場所とは言えない所でした。

僕はこう見えても、プチ潔癖症なんです(^^)

東京で生まれ育った僕には、かなりツラいロケになりそうだと思っていました。

ただ、ガス・水道・電気はちゃんとありましたよ。

ナムディンはかなり蒸し暑く、少し外に出ただけで滝のような汗をかきました。

日本だと、家に帰れば『ちょっとシャワーでも浴びようか』となりますが、そうはいきません。

シャワーはもちろん無く、お風呂もありません。

濡らしたタオルで身体を拭くのが、お風呂の代わりです。

『終わった』

愕然としながらも、『何か良い事があるはずだ』と自分に言い聞かせました。

昼から宴会!

ナムディンの人はみんな早起きで、朝5時にはサイレンのようなものが鳴り、何かの放送が始まります。

それが終わると朝ごはん。

ベトナム料理ですよ。

そして、みんな朝からお酒を飲むんです。

酒好きの僕としてはかなり嬉しかったです。

『ホラ、良い事あるじゃん!』と思いましたね。

撮影初日の朝は、『日本のテレビ番組が来た』という事で、親戚も集まって宴会になりました。

棚には30個くらいのガラスの酒樽があって、そこに色々なものが漬けてありました。

その『漬けて』あるものが凄いんです。

蜂だったり蛇だったり。。

その中から、一番人気のお酒を注いでくれました。

何やら黒いものが漬けてあって『これ何?』と聞いても『いいから飲んでみな』と。

味は美味しかったです。

何杯か飲んで、すっかりいい気分。

『さっきのアレは何?』と聞くと、『あれはカラスだよ』

『カラス漬け』が一番人気らしいです。

始めはビックリしましたが、だんだん慣れて色々なお酒をいただきました。

泣きましたよ

ナムディンの滞在は一週間。

その間、一度もお風呂に入っていません。

靴を履かずそのまま家に入るので、布団も砂だらけでした。

身体も頭もベタベタで、蚊に刺された所は赤く腫れ上がり、『痒い』ではなく『痛い』という感じ。

部屋には名前のわからない虫がたくさんいました。

ご飯を食べる時も、団扇のようなものでハエを避けながら食べます。

慣れない僕らには、まさに『地獄』でした。

そういう環境でも、現地の人は楽しそうにしています。

それが『当たり前』だからです。

僕もだんだん慣れてきて、数日もすれば何も気にならなくなりました。

身体のベタベタも、部屋に虫がいるのも当たり前になっていました。

撮影が終わり日本に帰る日、感謝の言葉を伝えると、彼らは大きな声で僕にこう言いました。

『バッカドゥードゥー、モータイマーゾー!』

(パパイヤさん、かんぱーい!)

泣きましたね。

本当に優しい人たちでした。

あれから12年。

みんなどうしてるのかな?

またいつか会えると嬉しいんですけどね。

僕がお世話になっていた家

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢で逢えたら!

母親が夢に出てきました。 『故人が人前に出る時は、自分が一番輝いている頃の姿で登場する』という話しを聞いた事があります。 まだ早いとは思いますが、逆の立場になった時、何才くらいの姿で登場しようか考えた …

息子一時帰国、終了!

カナダに留学している息子が、一時帰国していました。 カナダから日本に帰ってくるのは、『コロナの影響があったのでやめた方がいいのでは?』と、家族内では物議をかもしていましたが、息子の強い思いがあった為、 …

巻き戻らない時間!

写真フォルダに溜まった写真を整理していました。 昔は『紙焼き』の写真をアルバムに貼っていたので、手間と時間、何より場所を取りましたよね。 それが今はデータになったので、見るのも消すのも簡単になりました …

今夜のおとななテレビは!

今週も東京の振付スタジオからリモートで出演しています。 前回画質にこだわりカメラを導入しました。 これね! しかし、映像に変化なし! 僕の設定が悪いのか? と、言うわけで、マックの内蔵カメラに変更。 …

マスク2枚

俗に言う『アベノマスク』が我が家にも届きました。 4人家族で2枚。 勿論ケンカになるわけわなく、『本当に来たね!』と言うのが我が家の感想。 僕がつけると面白いことにしかならないので、妻と子供たちに使っ …