ブログ

『あいつ今何やってるんだろう?』ってヤツ!

投稿日:

SNSの普及で、『昔の友達』と連絡が取れるようになりました。

これはとても画期的なことですよね!

初恋の人の名前を検索したり、恩師を探したり。

僕はSNSのおかげで、東京ディズニーランドで踊っていた頃の外人ダンサーと連絡が取れました。

みんなとても仲が良かったので、本当に嬉しかったですね!

その後東京で再会したりして。

いや〜嬉しかったですよ!

Facebookは『実名登録』が決まりになっています。

なので探しやすいですよね。

たまに『愛犬』や『アニメキャラ』のアイコンもあったりしますが^^;

そうやって、懐かしい出会いを果たした人も多いのではないでしょうか。

よく分からない!

懐かしい再会の一つに『同窓会』がありますが、僕もたまに参加しています。

すると、いるんですよ!

『お前、今なにやってるの?』っていうやつ。

もちろん職業を聞いているんですが、テレビに出る前の僕がまさにそうでした。

僕がダンスをやっている事は知っていて、でもダンス業界の事は分からない。

どうやって生活しているのか見当もつかない奴。

それが、僕でした。

たぶん噂されていたんですよね。

『鈴木って、歌手になるって言ってたけど、今なにやってるのかな?』みたいに。

17才の時にレコードデビューを果たしましたが、その頃に少しだけテレビに出た事がありました。

でもそれくらいではダメなんですよね。

『鈴木頑張ってるよな〜』とはならないようです。

その後の僕は、タップダンスの講師と振付師、イベントの企画と運営、それなりに忙しくはしていました。

しかし、『歌手になる』と言ってた為、テレビに出ていなければ『よく分からないヤツ』になってしまうんです。

田舎育ち!

僕は東久留米市という所で育ちました。

一応東京都ですが、結構田舎なんです。

渋谷まで行くのに、大体一時間半くらい。

まあまあの距離です。

加えて、自宅から東久留米駅まで徒歩20分。

この距離も、都心を遠ざける要因になっていました。

なので、地方出身で芸能人になっている人は、本当にすごいと思います。

一時間半でも『どうしようかな?』と思うのに。

今は交通網が改善され、どこに行くのも近く感じますが、今から数十年前はそうではありません。

よほどの覚悟が無ければ、『東京に出る』のをためらってしまうでしょう。

そういう『覚悟』が成功の秘訣だと言っても過言ではありませんよね。

何をするにも『覚悟』を持ってやれば、何か変わるのかもしれません。

そうすれば、『あいつ、今頑張ってるよな!』と言ってもらえるんでしょうね。

頑張ってますよ!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

振付師というお仕事!

僕が振付師になったのは、20才の時でした。 今までたくさんの曲に振りをつけてきました。 そんな僕が初めて振付したのが、松田聖子さんの『上海倶楽部』という曲。 もちろん、松田聖子さん本人に振付けしたので …

キング・オブ・ポップの命日

2009年6月25日、マイケル・ジャクソンはこの世を去った。 とても不可解な死だった。 もしかしたら、今もどこかで生きているのでは?と思えるほど、信じられない出来事だった。 あれから11年。 マイケル …

緊張する理由!

結婚式などで挨拶をする時、かなり緊張している人っていますよね。 見ている方は『がんばれ〜』などと掛け声をかけたりしますが、当の本人はそれどころではなく、しどろもどろになっていたりして。 かと思えば、な …

誰かが助けてくれている!

実家に住んでいた頃、家の手伝いはしませんでした。 『手伝いなさい!』と言われた事もなく、例えばトイレットペーパーが無くなっても、誰かが新しいモノに取り替えてくれるのが当たり前でした。 シャンプーが無く …

夢のお話!

子供の頃西城秀樹さんに憧れていた僕は、歌手になる事が夢でした。 歌手というより、西城秀樹さんになりたかったんだと思います。 濡れたカーリーヘアーに破れたシャツ。 はだけた胸にはカミソリのネックレス。 …

SOLIO「マリンワールド篇」

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31