ブログ

ユーミンのおかげ!?

投稿日:

おやじダンサーズを作る数年前、僕は松任谷由実さんのコンサートにスタッフとして参加していました。

ダンスコーディネイターという肩書でしたが、わかりやすく言うとダンサーのマネージャーをしていました。

ダンサーに同行し、リハーサルや本番を事故無く終わらせるのがボクの仕事です。

お金の事やスケジュール管理も僕の仕事でした。

ユーミンのステージは巨大な会場で行われる事が多いです。

舞台装置も巨大で、地面が動いたり、エスカレーターが出てきたり、それをしまう大きな穴が空いていたりします。

そこに落ちないように気をつけながら、自分の場所を守り、かつダイナミックに踊らなくてはいけません。

これは、とても大変な事なんです。

ダンサーってダンスがうまければそれでいいわけではなく、踊ること以外にもやらなくてはならないことがたくさんあるんです。

DANCING SUN

という、忘れられないツアーがありました。

ユーミン初の、360度お客さんが入る円形の舞台を使ったアリーナツアー。

360度ということは、舞台袖が無い。

という事は、どうやってステージに行くのか?

これが最大の謎でした。

僕らスタッフは、客席を通り自分の持ち場に着きます。

バンドメンバーやコーラス、ダンサーは舞台に着くまでがすでにショーになっていました。

では、ユーミンは??

一曲目が始まると、一番盛り上がるところでユーミンが登場します。

ここが、僕の一番好きなところ。

とにかくカッコいい!

2時間30分を超えるコンサートは、エンタメに溢れた素晴らしいものでした。

最後の曲は『春よ、来い』

泣きましたね。

歌手になりたかったひろし少年は、いつしか仕事に追われ自分の夢を見失っていました。

なかば夢を諦めかけていた時に、このツアーに出会いました。

『春よ、来い』を聴きながらもう一度自分の夢を追いかけよう!と、心に決めました。

その4年

僕はCDデビューする事になります。

あの日、あのコンサートに参加していなければ、『春よ、来い』を聴いていなければ、今の僕は無かったと思います。

パパイヤ鈴木になってから数年後、ユーミンの舞台に立つことができました。

一緒にデュエットもしたんですよ(^^)

こんなに嬉しい事はありません。夢って叶うんですね!

僕が初めてユーミンに会ったコンサート。

もしご覧になりたい人がいたら、DVDになっているので、ぜひご覧下さい!

INTO THE DANCING SUN

ダンスコーディネイターとして、僕の名前も出てきますよ。

パパイヤではないですけどね(^^)

僕も久しぶりに観ようかな。

またあの頃を思い出して、次の夢に向かって進んでいきたいと思います!

ユーミンのスタッフだった頃

-ブログ

執筆者:


  1. 一生 より:

    38年前大分の学生時代ライブのバイトを良くしてました〜由美さんの会場設営後衣装担当と窓口チケット販売、その後ステージ前ガードスタッフで、終わったら会場バラシで昔は2日〜3日掛のバイトでしたが、あの時は良いお金に成ってましたね〜昔から由美さんはHiでしたね〜♪

一生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚記念日!

7月7日は両親の結婚記念日です。 父はミュージシャンで母はダンサーでした。 2人が出会ったのは、母が踊っていたキャバレー。 ツアーの打ち上げでその店に来た父が母に一目惚れし、そのまま東京に連れて帰った …

一瞬で幸せになる言葉!

皆さんは、『知足』という言葉を知っていますか? 『ちそく』と読みます。 僕はこの言葉の持つ意味を知った時、こういう考え方をすれば『必ず幸せになれる』と思いました。 『足るを知る者は富む』とも言います。 …

頭に来たら自分を疑え!​

『自分が嫌な事は、相手も嫌』と同じで、『自分が怒っていると、相手も怒っている』という事はよくあります。 そして、その『怒っている原因』は、もしかしたら自分に原因があるのでは?と考えたことはありますか? …

良い借金と悪い借金!

母親は『借金も財産だ!』と言っていましたが、皆さんはどう思いますか? 僕は、借金は好きではありません。 『お金を借りる』という事自体が好きではないんです。 子供の頃、どうしても欲しかったオモチャがあり …

むくみも取れますよ!

若い頃は多少の無理をしても全然平気でした。 本番中に足をくじいてもそのまま躍り続け、しべらくたってたら『あれっ!?』と足の違和感を感じる、なんて事もよくありました。 そのせいなのか、40代後半くらいか …